福井の蟹、おいしい越前かに通販のお店越前かに 成前

越前かにとは

福井を代表する冬の味覚「越前かに」

「越前かに」とは、福井県の漁港に水揚げされる雄のズワイガニ(標準和名)のことです。越前かにというと蟹の種類の一つのように聞こえますが、実はそうではありません。 松葉がにや加能がにもズワイガニです。同一種でも水揚げされる漁港、漁場によって食味が 異なることからそれぞれの県でブランド名をつけています。明治43年(1910年)年元旦の新聞には、当時の福井県知事が、四ケ浦村(現:越前町四 ケ浦)で獲れた蟹を東宮御所に献上したと書かれています。献上蟹は今日まで続き、全国各地にある蟹の中でも越前かにのおいしさに優るものはなく、皇室に献上されている唯一の蟹です。

目印は「黄色いタグ」

黄色いタグは、他県産と区別するために、越前町 漁業協同組合が1997年から雄に「黄色いタグ」を 付けたことがはじまり。1999年から、福井県内に 水揚されるすべての雄ガニに黄色いタグを脚につけています。2007年から雌のセイコガニにも付けるようになりました。その後、兵庫県が青(松葉 かに)、石川県が薄青(加能かに)、京都府(松葉かに)が緑となっています。ちなみにこれらのタグは一度使ったら二度と使えない、不正に使用できない構造になっています。

安土桃山時代から食べられていた蟹

越前かにという愛称は、すでに安土桃山時代、公家である三条西実隆の日記に書かれていました。江戸時代になると北陸地方の各藩の書物にその名称が見られ、「越前国福井領産物」にも「ずわいがに」と書かれています。大正や昭和時代を知る方は「蟹はおやつだった」と語り、それだけ福井県ではよく食べられていた蟹だったのです。地元でよく食されているということは、それだけ美味しい食べ方を知っているということ。 茹で蟹だけではなく、焼き、刺身、酢の物など蟹を使った調理法はそれぞれで、伝承料理にもなっています。

越前かにが昔から美味しいと言われる理由

漁場が近いという優位性

水揚げされる越前漁港や三国港は「港が漁場から近い」「蟹の生息地に近い」ということに 関係があります。越前かには水深200~400mのところ、水温0度~3度のところに生息しています。漁場となる越前海岸は急に深くなる海底で、それほど遠くへ行かなくても蟹の生息地に到着できます。船で1~2時間で漁場に着き、蟹をすぐに港へ運んで日帰りで水揚げができるのです。生きたまま蟹は競りにかけられ、新鮮さをどこよりも誇っています。

自然環境も大きな味方

自然環境も大きな味方です。漁場は暖流と寒流がぶつかる海域で、冬の寒さや冷たさが海水 に最も影響します。日本海の場合、水深300mぐらいから水温0度~1度、塩分34.1程度、ほぼ均質な水となっており「日本海固有水」と呼ばれています。その栄養塩が豊富な冷たい水と表層の暖かい水が複雑に混ざり、植物プランクトンが豊富になります。えさが豊富にある 場所がゆえ、蟹も大きく元気に育つ。日本海で獲れる越前かには美味しくなる要素を多く含んでいます。環境が蟹や魚介類にとって最良の生息場所となっています。

商品一覧

選ぶ

店頭限定販売 かごの中を見る 閉じる